乾燥した肌の場合

  • 投稿者 : wp_sv_860_7658
  • 2017年11月7日 2:03 PM

乾燥した肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。

誤った肌のお手入れは症状を悪化させるので、正確な方法を理解しておきましょう。

最初に、洗いすぎはタブーです。

皮脂のことがひっかかるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと肌が水分を失ってしまいます。

反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝と夜の2回で足ります。

肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが必要です。

日々同じやり方で、お肌を思っていれば全く問題ないということはありません。

特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように変えてあげることがお肌のためなのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も方法を使い分けることもお肌のためなのです。

元々、お肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水をつけたり、乳液をつけるようにしましょう。

特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。

しっかりと肌を潤わせることと血をよく行きわたらせることがこの季節のスキンケアの秘訣です。

寒くなると湿度が下がるのでその影響から肌の潤いも奪われがちです。

水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌トラブルの要因となりやすいので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

潤いが足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段よりしっかりと行うようにしてください。

冬の肌のお手入れのコツは「乾燥させない」ということが大切です。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも大切なことです。

クレンジングで力強くこすったり、強力な洗顔料を使用して皮脂が必要以上に落ちてしまうと肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、ヒリヒリするような熱さではダメです。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。

あわせて読むとおすすめ>>>>>アトピスマイル使ってみた体験談・レビュー!

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.