オニ氏にキュンキュン決める

  • 投稿者 : wp_sv_860_7658
  • 2017年6月4日 3:50 PM

みんなご存知、auの広告、「対価さん桃さん浦さん」関連。

最初はおかしいなぁとして何気無く観ていたのですが、菅田将暉くん演ずるオニさんが出てきた途端、すでに瞳がクギ取り付けになってしまいました。

菅田将暉くんは、「食事くん」ではじめて観たのですが、その時は思い入れを抱きつくこともなく、そんなに、はっきり言って、菅田くんではなく、オニさんにはまってしまいました。

ふと軽々しい感じ、いたずらな感じ、それでも正しく包容思いの丈もありそうな感じで正に私の好きなタイプもっぱらなのです。

とうに、いざ横にいたら、いかんせんとか絵空事してしまいます。

けれどもやっぱり不思議なことに、別の広告や品物で菅田くんを観てもそこまでときめかない…。

オニさんの時に対して、「オニさんのカッコの方が絶対良い!」と思ってしまいます。

今までおよそ、真実も俳優も、ここまで好きになれは、その人がいかなるカッコしていようが、どんな状態にいようが、「何してても渋い!」

としてきたのですが、必ずや不思議な体感だ。

菅田将暉くんの参列思いの丈のなせる技なのでしょうか。

ともあれ、私は常々、auの広告が過ぎる度にオニさんが出ていないか測定、丁度恋する少女そのものです。脱毛サロンより安い医療脱毛が登場!もう医療脱毛の時代に!